ふらり磨崖仏 パワースポットかな?

梅雨の初めの晴れ間に、訪れてみました、すがすがしい気であふれていました

 Katsuyuki Tanaka   2015/06/06によって

朝から少しぐづついた梅雨の初めの空が、明るくなりかけたので出かけてみました。

湖南市、旧の甲賀郡甲西町に十二坊と言う地名が有ります。「湖国十二坊温泉ゆららの湯」で名前の知れているところです。国道1号から十二坊温泉に向けて走ると、峠を越えて温泉施設すぐ手前に不動様の看板が有りました。車止めで、車を止めて歩くことにしました。

700mとありましたので気楽に、しかも、下り坂歩くことにしました。鶯が、「ホーホケキョケキョウキョ」と、少し訛って近江言葉で鳴いてます。

舗装が途切れ、もう少し歩くと案内板が有りました。「谷中不動」と書かれてあります。此処の他、先日訪ねた妙感寺の地蔵さんを含めこの近くにいくつかの磨崖仏が点在するようです。ともかく参道を進むことにしようと思いましたが、そこで何気に撮った写真が面白いことに、気持ちのいい気を写していました。そして本来暗くてもおかしくないのに、なぜか明るい参道を歩き、開けたところで思わず見上げると逆光の中にお不動さんがおられました。周りには不思議な気が。少しも不快ではありません。このお不動さんは何を見つめておられるんでしょうか。気持ちのいい思いを持って帰路につき途中、山いちごを見つけ少し口に含んで帰りました。もしかすると、とんでもない、パワースポットかもしれませんね。訪ねて感じてみませんか。

Katsuyuki Tanakaさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

近所を探す

会話に参加する