検索結果:9件
地元産食材をふんだんに使った仙台の高級フランス料理店「海鮮ビストロ・ヤマライ」。各国語に堪能なスタッフによる丁寧なサービスと極上の料理を手頃な価格で提供している。
熊谷 仏蘭西料理「APPRENTI(アプランティ)」は、訪れる誰もが提供される料理や空間に魅力を感じ、また行きたいと思ってしまう、飾らないけれども贅沢な時間を過ごせる古いけど新しいフランス料理店。
彩の国さいたま劇場内にあるビストロやまは、観劇を楽しんだお客様や、劇場関係者が多く訪れるフランス料理店。演劇公演中であれば、その期間、演目にちなんだ特別メニューが食べられる。オーナーこだわりの「新鮮で旬な食材」を楽しめる、色鮮やかなフランス料理を、芸術とともに味わってほしい。
さいたま新都心 フランス料理アルピーノは、埼玉でも屈指の伝統を誇る、正統派コース料理のお店です。 大切なゲストのおもてなしや記念日などの特別な日に、極上のひとときをどうぞ。
山岸氏はカジュアルフレンチと自称していらっしゃるが、カジュアルは「食べる気軽さ」であって、料理に対しては真摯そのものだ。食材本来が有する美味しさをできるだけ感じて楽しんでもらうために料理を作り込み過ぎない。それでいて深く優しい味わいは熟練した山岸シェフの高い調理技法故である。「ル・ポン」は本当に美味しい名店である。
ケザコは正統派フレンチの伝統の技は料理テクニックとして活かしつつも、真空調理法によって新しい味の楽しさを融合させようとするオーラが感じられるレストランなのである。食材の使い方や盛り付け方に、「こういう方法があったか!」と、嬉しい驚きの店だ。
グレロのドアを開けると、およそ6畳ほどの小さな空間はカウンターテーブルで2つに仕切られている。ホール側には椅子が6脚。その向こうには厨房。つまり、グレロでは前田シェフの手さばきの始終を観ながら食するということになる。料理やワインを供するために近寄ってくるシェフとの距離は最近で70センチ。彼の笑顔も暖かさをたたえた目もくっきりと見える距離だ。くつろいだ和やかさの漂う店内の空気にあって、料理は高度さを極めたフランス料理の伝統技法に支えられて、どのメニューを食べても作り込みに隙がない。そしてそれらがまた構えていないのである。
黒味さんのフレンチはとことん、福井(日本)とフランスのフュージョンなのです。それは彼だけが創造しうる世界です。彼の人柄そのものの反映とも言うべき、限りなくやさしく、深く、想像性豊かで、刺激的な料理と形容できるでしょう