検索結果:77件
その日本酒醸造マップ上で京都・伏見は、兵庫・灘と並んでやはり酒造りの中心だろう。 伏見の酒造の歴史は弥生時代にまでさかのぼる。時代は下り安土桃山時代、豊臣秀吉が伏見に築城してから伏見の発展とともに、伏見の酒は一躍脚光を浴びるようになった。
料理人にとって包丁は命である。料理人が思う通りの料理に仕上げるためには、彼らが思う通りに食材が切れていなければならない。気に入りの一本を買えば、一生メンテナンスが受けられるから安心して使える。
朝6時にもなると、農家の軽トラックが次々と「三国道の駅」に入ってくる。青いプラスティックケースには朝収穫したばかりの野菜が満載である。9時の開店を待つ客はドアが開けられると同時にそれぞれ目当ての売り場に急ぎ品定めに余念がない。昼過ぎにはあらかた完売である。
黄桜といえば「カッパ」そして「カッパの歌」なのである。そのような「黄桜」はその酒蔵の一部を改装してこの塩屋町に「黄桜カッパカントリー」なるミュージアムショップ&レストランを開き、伏見を訪れる人を楽しませている。
北野天満宮の蚤の市では、多様な伝統工芸品の数々が手に入る。ギフトやお土産、家庭用に最適だ。
京こま匠 雀休; 世界にただ一人、木綿糸製のコマを製作する京都在住の中村氏。京コマの歴史は古く、織田信長や豊臣秀吉が天下を治めた安土桃山時代 (1573-1603) まで遡る。当時の宮廷貴族の女性たちは、着物の切れ端を竹の棒に巻き付け、宮廷の遊びに使用していたらしい。
お勧め
石川県・加賀の伝統工芸である加賀蒔絵・漆器の技術を手軽に楽しめる、(株)たつみやの弁当箱。中でも日本の伝統工芸品である“こけし”をモチーフにして作られた丸筒型のお弁当箱「こけし弁当」は、日本のお土産としても大人気。匠の技を応用して作る、和柄のお弁当箱の魅力に迫ります。