検索結果:83件
その日本酒醸造マップ上で京都・伏見は、兵庫・灘と並んでやはり酒造りの中心だろう。 伏見の酒造の歴史は弥生時代にまでさかのぼる。時代は下り安土桃山時代、豊臣秀吉が伏見に築城してから伏見の発展とともに、伏見の酒は一躍脚光を浴びるようになった。
黄桜といえば「カッパ」そして「カッパの歌」なのである。そのような「黄桜」はその酒蔵の一部を改装してこの塩屋町に「黄桜カッパカントリー」なるミュージアムショップ&レストランを開き、伏見を訪れる人を楽しませている。
料理人にとって包丁は命である。料理人が思う通りの料理に仕上げるためには、彼らが思う通りに食材が切れていなければならない。気に入りの一本を買えば、一生メンテナンスが受けられるから安心して使える。
北野天満宮の蚤の市では、多様な伝統工芸品の数々が手に入る。ギフトやお土産、家庭用に最適だ。
岩手県盛岡市 --- 紺屋町の道路で毎月第三日曜に開かれる骨董市
日本刀の美しさを、一度自分の目で確かめてみたいと思ったことはないだろうか。そんな人に、鎌倉大仏の門前にある山海堂をご紹介したい
お勧め
石川県・加賀の伝統工芸である加賀蒔絵・漆器の技術を手軽に楽しめる、(株)たつみやの弁当箱。中でも日本の伝統工芸品である“こけし”をモチーフにして作られた丸筒型のお弁当箱「こけし弁当」は、日本のお土産としても大人気。匠の技を応用して作る、和柄のお弁当箱の魅力に迫ります。
地酒処たちばな酒店では熊本をはじめ、全国の蔵元から直接取り寄せた選りすぐりの地酒を販売している。その豊富な品揃えは見ているだけでも楽しくなるくらいだ。この酒屋は「直接会話し、触れ合ってこだわりの商品をお渡ししたい!(ホームページより)」という信念もあり、インターネット販売は一切していないということなので、お店の人に「こういうのが好きで・・・。」と話せば、オススメを紹介してもらえるだろう。日本全国を飛び回らずとも、地酒処たちばな酒店に足を伸ばせば、自分のお気に入りの酒を見つけることができるだろう。