検索結果:214件
300年前に創業した千代本は、イタリア系イギリス人、ベアトが、150年前に撮った平潟湾の写真『平潟湾の風景』に写っている。こんもりとした山を背に、千代本ともう一軒の茶屋が並んでおり、手前の小島(半島のように見えるが)には琵琶島神社の社殿が見える。千代本は、今も江戸時代と変わらぬ場所で、茶屋の風情を提供してくれる。
通称:モンチッチ海岸は、愛媛県松山市(旧)北条市の吾妻海岸のこと。
花かごパンのモットーは「ワインや食事など、何かと一緒に食べると美味しいパン作り」だそう。そういえば、店内にはチーズ、シャンパン、ワイン、外国製ビール、生ハムなどいろいろなパンのコンパニオンとなる飲食物が商品として並んでいる。「花かごパン」は、ハード、セミハード、ソフトの3種類のパンを20数種類製造し販売している。
京都錦市場の「京漬物 桝悟」本店。帰りの旅行鞄が多少重くなっても、桝悟の京漬物は詰めるだけ詰めて帰る値打ちがある。奈良漬けは絶対に外さない。
氷川神社の総本宮、二千年以上の歴史を誇る『武蔵一宮氷川神社』の緑溢れる参道沿いにある、老舗甘味処『氷川だんご屋』は、埼玉県・大宮にある有名な甘味処のひとつ。創業時から変わらない昔ながらの製法で、ひとつひとつ丁寧に作られている氷川だんごを求めて、多くの客が遠方より訪れる。
午後3時から開いてます、朝どれ新鮮な魚が食べれて、18時までなら生中が199円、錦小路のすぐ近く、行くべきでしょう。
女性の間で大人気の旬食レストラン、Kitchenせりぐちは嘉島町のイオンモールクレアのそば。ぜひ、シェフが意匠を凝らした美しい料理を味わってみよう。
大阪船場ROJINO(ロジノ)のダイニング タビでは、有名レストランで修行し、ソムリエの資格も持つ田中シェフが織りなす「まかない料理」のエッセンスを取り入れた絶品フランス料理と日本酒のマリアージュが楽しめる。