検索結果:212件
花かごパンのモットーは「ワインや食事など、何かと一緒に食べると美味しいパン作り」だそう。そういえば、店内にはチーズ、シャンパン、ワイン、外国製ビール、生ハムなどいろいろなパンのコンパニオンとなる飲食物が商品として並んでいる。「花かごパン」は、ハード、セミハード、ソフトの3種類のパンを20数種類製造し販売している。
通称:モンチッチ海岸は、愛媛県松山市(旧)北条市の吾妻海岸のこと。
「鳥せい・本店」。夕方早い時間であるのに席待ちのリストには名前がずらり。皆よく知っているのだ。 カウンターに通されて店内を見渡すと、黒光りする梁と白壁。酒蔵で利き酒でもしているような雰囲気だ。注文した「神聖・純米大吟醸」と「焼き鳥盛り合わせ」が前に置かれた。「焼き鳥」を極めたという「鳥せい」の言葉があながち誇張ではないと痛感する。新鮮で旨味の深い鳥肉を上手に焼いている。たれもいい加減の味だ。「神聖」の酒は、押し出しが強すぎず弱すぎずが特徴だろうか。食事のバイプレーヤーに徹する酒造りのポリシーが伝わってくる。
ザ・キーストンガーデンは霊台橋のたもと、古民家をリノベーションしたレトロかつモダンなカフェレストラン。メニューも一風変わっていて、食事やアフタヌーンティも味わい深い。
古都福井の老舗料亭「開花亭」別館、「開花亭sou・an」。銀座、新歌舞伎座を建築設計した隈研吾氏設計による和洋折衷の異次元空間で、名シェフによる創作日本料理が堪能できる。
さいたま新都心 フランス料理アルピーノは、埼玉でも屈指の伝統を誇る、正統派コース料理のお店です。 大切なゲストのおもてなしや記念日などの特別な日に、極上のひとときをどうぞ。
300年前に創業した千代本は、イタリア系イギリス人、ベアトが、150年前に撮った平潟湾の写真『平潟湾の風景』に写っている。こんもりとした山を背に、千代本ともう一軒の茶屋が並んでおり、手前の小島(半島のように見えるが)には琵琶島神社の社殿が見える。千代本は、今も江戸時代と変わらぬ場所で、茶屋の風情を提供してくれる。
奇勝、東尋坊は永平寺と並んで福井県随一のランドマークである。其処の土産物店通りの一番断崖側に「喫茶ダウンビート」はある。店に一歩入るとジャズが耳に飛び込んでくる。