記事一覧

岩手県 種山ヶ原

岩手県 種山ヶ原

東京から東北自動車道を北上し450km、水沢ICより国道397号を東へ30km。国道から数分、細い山道を車で登っていくと、突如として目の前に広大な草原が現れる。ここ種山ヶ原は、その自然に魅了された宮沢賢治が小説「風の又三郎」の舞台としたところ。岩手県奥州市・住田町・遠野市にまたがる標高800mほどの高原地帯である。 どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ どっどど どどうど どどうど どどう (宮沢賢治「風の又三郎」より) 6月初旬、梅雨入り..

岩手
さいたま新都心 フランス料理アルピーノ

さいたま新都心 フランス料理アルピーノ

さいたま新都心駅東口から徒歩7分、木立に囲まれたアルピーノ村。その中核をなす フランス料理 アルピーノ は、埼玉でも屈指の伝統を誇る、正統派コース料理のお店です。 「ひとつひとつの素材の持ち味を素直に引き出し、そこにフランス料理の技術を投入し、凝縮した美味しさを軽やかに表現する」とおっしゃる鎌田総料理長。 今回ご紹介するひと皿は「フランス・ロワール産ホワイトアスパラとオマール海老 半熟卵のサラダ仕立てトリュフドレッシング」です。 繊維が細かく瑞々しいホワイトアスパラは、最小限の湯で茹でることに..

埼玉
熊谷市立 荻野吟子記念館 

熊谷市立 荻野吟子記念館 

関東平野を流れる一級河川利根川。この川に育まれた肥沃な田園地帯に、日本初の女性医師、荻野吟子の記念館があります。吟子は江戸末期の嘉永4年(1851年)、ここ現在の埼玉県熊谷市俵瀬に生を受けました。 村で指導者的役割を担う裕福な家庭に育ち、幸せな結婚をした吟子でしたが、この結婚が彼女の人生を大きく変えてしまいます。不慮の病気により夫と離縁した吟子は、闘病生活にあって女性医師の必要性を痛感し、自らその道を志します。しかし明治という時代、優秀な成績で学問を修めながらも、女性が医術開業試験を受けること..

埼玉 4
熊野古道ハイライト

熊野古道ハイライト

古代より修験道の修行の地として開かれた熊野三山。平安時代末期、阿弥陀信仰の広まりとともに、この地は浄土とみなされるようになりました。人々は生きながらにして浄土に生まれ変わることを夢見て、遙かなる聖地熊野三山、すなわち熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社へ蟻のように列をなして詣でたといいます。 2004年、その参詣道である熊野古道は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されました。今回、古人の気持ちを垣間見るべく、熊野古道のハイライトともいうべきルートを歩いてみました。 JR新宮駅より路..

和歌山
すべての記事を見る