検索結果:185件
鰻屋の老舗「廣川(ひろかわ)」は、誰にも美味しいと勧められるうなぎ名店
花かごパンのモットーは「ワインや食事など、何かと一緒に食べると美味しいパン作り」だそう。そういえば、店内にはチーズ、シャンパン、ワイン、外国製ビール、生ハムなどいろいろなパンのコンパニオンとなる飲食物が商品として並んでいる。「花かごパン」は、ハード、セミハード、ソフトの3種類のパンを20数種類製造し販売している。
京都の錦市場が本店の「京丹波」。ここの一番の売れ筋商品は何と言っても「ポン栗」である。栗ほんらいの旨味はもちろんなのだが、普通の焼き栗と違うのは圧力焙煎製法だ。特殊な焙煎機で焼き上げるから香ばしさは秀逸である。
京都錦市場の「京漬物 桝悟」本店。帰りの旅行鞄が多少重くなっても、桝悟の京漬物は詰めるだけ詰めて帰る値打ちがある。奈良漬けは絶対に外さない。
外国産の蜂蜜と違って、汚染が無い福井の自然にある木々から採れた「福井の蜂蜜」は安全安心で、なおかつ美味しい。大沼養蜂園特製のはちみつは三国の、そして福井の名産品である。
京料理の技法で三国を初めとする地元福井の食材を供したいと店主の陽平氏。三十二歳とこれから伸びしろ十分の若き料理人である。精確な調理技術に裏打ちされ洗練された料理を以て、新「魚志楼」となったようだ。
福井片町の「目からうろこ」は、わらびグループが経営するお洒落な居酒屋だ。部屋は掘りごたつ式になっており、全てが個室、他にカウンター席もある。越前魚河岸と銘打つだけのことはあり、新鮮な魚介類と産地直送の地元野菜を使った蒸し料理がメインで、福井の名酒も各種取り揃えている。
京都・柳馬場通にある「いなせや」は、京丹波地鶏と京都伏見および周辺の酒蔵からセレクトした「無濾過原酒」の組み合わせの名店である