12月6日
12月15日
神戸市庁舎から見た神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ: ライトフェスティバル

阪神大震災を追悼して

Manish Prabhune   によって
場所: Kobe Foreign Settlement 日付: 2020年12月6日(日)~12月15日(火)、18:00~22:00

毎年12月初めの2週間、神戸ルミナリエでは1995年の阪神大震災を追悼してライトアップを行う。「ルミナリエ」とはイタリア語で小型電球を使ったイリュミネーションを意味する。神戸ルミナリエで使用される電球はイタリア政府から提供されたもので、このイリュミネーションは神戸市民の希望を象徴している。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Manish Prabhune

会話に参加する