霧島のすすきヶ原

秋の火山巡りハイキング

Tristan Scholze   によって

この ハイキングコース は、硫黄山 の焼け焦げた岩だらけの景色を過ぎると、韓国岳 山麓のススキ (学術名: Miscanthus sinensis) の茂みに覆われた平原へと続く。英語で「日本のシロガネヨシ」とも呼ばれ、際立った花房を持つこの名高いススキは秋に開花し、えびの高原一帯を埋め尽くす。ススキの房は通常白、もしくは茶色っぽい色をしているが、火山からの放出物で、この地のススキの房は時に赤茶、もしくはワイン色をしている。注意して見てみよう。日本語でシュリンプ、プローン、もしくはロブスターのことをエビと呼ぶ。「えびの高原」という名は、もしかするとこの地の特殊な草の色から付いた名前かもしれない。

すすきヶ原—susuki ga hara—Susuki Plain
硫黄山—iou-yama—Mt. Io
韓国岳—karakuni-dake—Mt. Karakuni

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze