原爆ドーム

広島のシンボル

Tomoko Kamishima   によって

1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、広島の特産物を展示する産業奨励館(チェコの建築家、ヤン・レツェル設計)の南東160mの上空で、原子爆弾が炸裂しました。超高圧の爆風は付近の建物を吹き飛ばし、強烈な熱線が一瞬にして周囲を焼き尽くしましたが、この建物は奇跡的に倒壊を免れました。ドームのちょうど直上から圧がかかったため、鉄骨のフレームと壁の一部が残されたと考えられています。原爆ドームは、戦後の広島の、最強・最大のアイコンであると言っても過言ではないでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する