検索結果:8件
北野天満宮の蚤の市では、多様な伝統工芸品の数々が手に入る。ギフトやお土産、家庭用に最適だ。
川越に行ったら訪れたい場所、「菓子屋横丁」。“きどらない職人の街で心づくしのおもてなし”がテーマ。一歩中に入ると店々の威勢のいい声、お菓子の甘い香りや醤油の香ばしい香りが漂う。どこか懐かしい風情が、訪れる者に子どもに帰るような温かい気持ちにさせてくれる。遊び心ある魅力的なお店が立ち並ぶ「菓子屋横丁」で、行儀など気にせず食べ歩きしながら楽しもう。
東京に住むインド人の私は、インド大使館のある九段下をちょくちょく訪れる: パスポートや祝祭事関係の用を足すためだ。そしてインド大使館の隣にあるのが、この靖国神社だ。そのため、ここで毎週日曜に行われる「青空骨董市」を今までに何度か訪ねた。朝6時に始まるこの骨董市は、神社前の駐車場で行われる。陶器や写真フレーム、日本の扇子等々が好きで値切るのが得意なら、靖国神社の「青空骨董市」は是非お薦めだ。
1943年に廃業した旧万世橋駅は、2013年改修され「マーチエキュート(mAAch ecute)神田万世橋」と呼ばれるショッピング&レストランを含む複合施設へと変貌を遂げた。旧万世橋駅は明治時代に建設され、1912年開 業。1923年の関東大震災により大きく損傷し、その後の秋葉原駅開通でその役割を終える。そのため現在も残る旧駅舎1階部分のみが今回「マーチエキュー ト(mAAch ecute)神田万世橋」と名付けられた複合施設へと改修された。レトロな旧万世橋駅構内に出現した近代的スタイルのショッピング施設だ。
独特で異文化の風が吹く新世界。通天閣を見上げ、串カツを堪能しながら大阪を体感。
京都にいるの?  で、骨董品探しは好き? それなら月に1度開催される東寺の骨董市に行ってみよう。
セントラルパークは辟易するような暑さの名古屋で涼しく、肌を刺すような寒い冬や梅雨時の雨振りには快適な地下街のショッピングセンターです。