京都「哲学のみち」散策

途中の寺にも立ち寄りながら

Shozo Fujii   2014/09/11によって

銀閣寺を見学したなら、ぜひ「哲学の道」をも散策したいものだ。銀閣寺から琵琶湖疏水沿いに南へおよそ2キロほど続く川堤の小径は、かつて哲学者・西田幾多郎が思索しながら歩いたことからこのような、やや厳(いかめ)しい名前が付いているが、実際のところはのどかで閑静な街中を抜ける道である。地域住民の手入れのおかげだろうか、ゴミ一つ落ちておらずとても美しい。春は桜や椿が、夏は濃い緑が、秋は紅葉が散歩を退屈させないでくれる。冬も日差しさえあればそう寒くはない。途中の法然院にも寄り、叶匠壽庵で美味しい季節の和菓子と抹茶も楽しみたい。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.