京都「哲学のみち」散策

途中の寺にも立ち寄りながら

Shozo Fujii   2014/09/11によって

銀閣寺を見学したなら、ぜひ「哲学の道」をも散策したいものだ。銀閣寺から琵琶湖疏水沿いに南へおよそ2キロほど続く川堤の小径は、かつて哲学者・西田幾多郎が思索しながら歩いたことからこのような、やや厳(いかめ)しい名前が付いているが、実際のところはのどかで閑静な街中を抜ける道である。地域住民の手入れのおかげだろうか、ゴミ一つ落ちておらずとても美しい。春は桜や椿が、夏は濃い緑が、秋は紅葉が散歩を退屈させないでくれる。冬も日差しさえあればそう寒くはない。途中の法然院にも寄り、叶匠壽庵で美味しい季節の和菓子と抹茶も楽しみたい。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー