京都 美しき青蓮院 2

ハス、ハス、ハス、蓮の美の饗宴

Larry Knipfing   によって

青蓮院 古い木製回廊 や池、丘の上に小さな神社のある美しい寺院だ。しかしここにはそれ以外に、あなたの目を釘付けにして離さない物がある。それは華頂殿の、世にも麗しき蓮の襖絵と壁画だ。この絵画は2005年、才気あふれるポップアーティスト 木村英輝 氏により描かれた。彼のホームページ を見れば、木村氏が他にも多数の似て非なる、しかしいずれも独特な「壁画プロジェクト」作品を手掛けているのがわかるだろう。青蓮院の襖絵は「蓮 三部作」と呼ばれ、極楽浄土、生命賛歌、青の幻想、の3つのテーマ別に描かれている。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing