京都 龍吟庵

白、黒、赤の砂が演出する三つの庭

Tomoko Kamishima   によって

東福寺塔頭の一つである龍吟庵は、東福寺第三世・無関普門の住居跡とされる。1964(昭和39)年に、庭園デザイナーの重森三玲が方丈を囲む三面に、趣の異なる三つの庭を造った。方丈正面には一木一草さえも用いない「無の庭」、西には龍が黒雲を伴って海中から現れ、昇天する姿を表現した「龍の庭」、東には無関普門が少年の頃に狼に襲われて、犬に助けられた逸話を元にした「不離の庭」がある。それぞれ白、黒、赤の砂で、その庭のテーマをドラマチックに演出している。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima