臼杵の石仏

大分県東部の古代磨崖仏 ( まがいぶつ )

Mandy Bartok   によって

大分県東部にある臼杵市 ( うすきし) は、1000年前に造られた石仏の存在で知られている。国宝にも指定されているこの石仏群は、崖に直接彫り込まれた磨崖仏(まがいぶつ) と呼ばれる。崖の周囲に張り巡らされた遊歩道沿いに、8種類のグループに分かれた石仏を見ることが出来る。1970年代と1990年代に行われた大規模修繕作業により、一千年の時を経た今なお、荘厳な姿で佇む磨崖仏たちを観賞することができる。石仏や所在地についての情報は、別の記事をご参照頂きたい。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Mandy Bartok