宮城、船岡城址公園

絶景と桜、そしてNHK大河ドラマの舞台となった公園

Takako Sakamoto   によって

JR 仙台駅 から電車で南へ 30分、小さな丘の上にある船岡城址公園は、蔵王山の絶景と山一面に咲き誇る桜の花で有名だ。ここからは白石川沿いに延々と続く「一目千本桜」の壮大な景色も堪能できる。しかし、実はこの船岡城、桜や絶景だけが取り柄ではない。知る人ぞ知る山本周五郎作「樅の木は残った」の小説舞台となったのが、この城なのだ。1970 年にはこの小説を題材にしたNHK 大河ドラマも放映された。小説 / ドラマの主人公、原田甲斐は、かつて船岡城の城主であった。桜の時期には「しばた桜まつり」が毎年開催され、多くの人が美しい桜と山上からの絶景を楽しみにやってくる。桜まつり開催中の写真は、別の写真ストーリー をご覧頂きたい。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto