韓国岳のハイキング

森林から不毛の火山地帯まで1時間の旅

Tristan Scholze   によって

この標高 1,700 メートル ( 5,577 フィート ) の成層火山は、霧島火山群の中で最も高い山だ。起伏の多い、一部へこんだ火口と韓国岳 (からくにだけ) の斜面の様子は、この山よりもっと巨大で有名な、アメリカ合衆国のセント・ヘレンズ山に似ている。この山は標高 1,200 メートルのえびの高原に始まり、硫黄山 から続く良く手入れされた ハイキングコース は、比較的穏やかで登りやすい。すすきケ原 から広々とした景色の中を歩き、山頂まではほんの1時間だ。赤味がかった岩のほか、殆ど一木一草生えていない山頂からは、見渡す限りの絶景が望める。しかしうかうかしていると、300 メートル(984フィート)下の火口めがけて、真っ逆さまに転落する可能性もあるので注意しよう。
 

韓国岳—karakuni-dake—Mt. Karakuni

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze