広島平和記念資料館

戦争の悲惨さを伝える象徴的記録

Larry Knipfing   によって

日本を訪れる多くの人々が、広島平和記念館への訪問を、ある種の巡礼のように感じている。私は30年前に一度ここを訪れ、最近また出かける機会に恵まれた。30年の時を経て資料館は洗練され (こんな言い方をして良いものかどうか迷うが)、人類に使用された世界初の原子爆弾が、広島の人々にどれほど悲惨な経験を強いてきたのかを的確に表現している。戦争とは、言うまでもなくそれを体験したすべての人々にとって地獄だ。この資料館を見学するにあたり、私はそのことを強く思った。もちろん楽しい体験ではなかった。だがそもそもここは、そんな気分になるための場所ではない。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing