旧古河庭園

五月のバラ

Tomoko Kamishima   によって

五月はバラの季節です。そして、東京のバラと言えば旧古河庭園です。

このバラ園は、古河財閥3代目当主の邸宅の庭で、1917(大正6)年に竣工した洋館の前庭として英国人建築家・ジョサイア・コンドル(1852-1920)が設計しました。

庭全体が和洋折衷になっていて、丘の上の洋館と、斜面のバラ園は洋式、そして敷地下方の日本庭園へと緩やかに移行していきます。日本庭園は、かの有名な京都の植治こと、小川治兵衛(1860-1933)の作庭です。植治は、無鄰菴平安神宮円山公園等、後に名勝庭園となるすばらしい庭をたくさん残しています。

さて、五月になると庭のバラがいっせいに花開きます。そして同時に、それまでひっそりとしていた庭に、人々がどっと押し寄せます。バラを目当てに旧古河庭園を訪れたとしても、ぜひ日本庭園まで足を運んで、文明開化のころの元祖・和洋折衷をお楽しみいただきますように。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する