東京駅

現代と過去の邂逅

Takane Shoji   によって

改札を通り目的地に向かう前にちょっと立ち止まり、辺りを見回してみよう; 鉄道の駅はそれ自体が目的地になると言っても過言ではない。世界中どんな都市にも中央駅があり、その電車網が市の大動脈の役割を担っている ---- ニューヨークのグランドセントラル駅やロンドンのパディントン駅などだ。そしてここ東京駅も例外ではない。駅舎内では新幹線や地下鉄が、複雑怪奇に絡み合う鉄道網を休む暇もなく走り続けている ---- 日本の近代工学の一大功績だ。だが一歩外に出ると、100年前の明治時代を象徴する赤レンガ造りの不朽の外観に目を奪われる。ここは過去と現代が交錯する場所なのだ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takane Shoji