球体展望室・はちたま

フジテレビ屋上の丸いところ

Tomoko Kamishima   2015/02/02によって

フジテレビ本社社屋は、お台場が今のようなにぎわいを見せるようになる以前、1996(平成8)年に建設されました。設計は世界的建築家として知られる丹下健三(1913-2005)です。直線的なビル本体と、球体を組み合わせた斬新なデザインは、当初の目論見通り、お台場のシンボルとなりました。展望室のある球体部分は直径32mで、外側に耐久性の高い3200枚のチタンパネルが貼ってあります。

展望室からは、東京湾から都心を眺望する270度の視界が開けています。富士山(この日は残念ながら雲の中)、レインボーブリッジ、東京タワー六本木ヒルズ東京スカイツリーなどが、すべて横並びに広がっています。東京湾側から都心を見つめる展望台として、独特の景観を誇るはちたま。他にはない景色です。

Was this article helpful?

修正依頼

1
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @Tomoko Kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Original by Tomoko Kamishima

会話に参加する