赤坂 豊川稲荷

早咲きのエドヒガンと眷属の狐

Tomoko Kamishima   によって

東京・赤坂の豊川稲荷の桜が、ソメイヨシノより一足早く満開を迎えた。お彼岸の頃に咲く「江戸彼岸」は、やや濃いめの桃色である。満開の桜の枝から枝へ、小鳥が楽しそうに飛び回り、時々花をついばんでいた。豊川稲荷は、荼枳尼真天(だきにしんてん:白狐に乗る天女)を祀る曹洞宗の寺院である。そのため境内には、眷属である狐の像がたくさん奉納されている。願いが叶った信者らが奉納した霊狐の像は、供養の後、八角大理石の周りの霊狐塚に並べられる。東京メトロ・赤坂見附より徒歩5分。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
1
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima