6月の赤坂稲荷寺 - 1

狐訪ねて三千里、まだまだ続く私の狐寺探求

Larry Knipfing   によって

赤坂見附 ( 銀座・丸ノ内線 ) 近くにある豊川稲荷は、実に魅力的な場所だ。行く度に何か新しい面白い発見があり、季節ごとに全く印象も違う。だから今まで何度も行ったのに、また性懲りもなく行きたくなるのだ。この寺の一番の見どころは狐の石像だ。サイズも形も違う狐たちが何百匹もうようよしているのだ。日本では抜け目ない賢い狐が崇拝されているという。これだけ繁々通っているのだから、私にもその賢さ、ちょっとは乗り移ってくれても良さそうなものだが?! 他の狐シリーズと、豊川稲荷の記事も合わせてご参照下さい。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing