三溪園の蓮の花

真夏の海風に舞う仏花

Takako Sakamoto   2016/08/10によって

私は蓮狂いである。蓮とは仏様の花、ハスの事だ。宗教的理由で狂っているのではない。ただただその姿の美しさに惹かれているだけだ。これほど容姿端麗で、いろんな表情を見せてくれる花は珍しい。曲線美の極致だ、強いて言うなら日本美の極致だ、とすら私は思う。

うんちくはさておき、横浜で蓮の名所はどこだ? と尋ねれば、十中八九返ってくる答えはここ、三溪園だ。ガイドブックを見ても、ネットで検索しても、知人友人に聞いても答えは三溪園。というわけで私の今年の蓮シーズンは三溪園で開幕した。7月中旬に訪問したので未だ蕾が多く、今後が期待できそうな咲きっぷりだった。今まで見た蓮の花と違う点は、本牧にある三溪園には横浜港から涼やかな海風が吹き、風にそよぐ蓮の花が見られることだ。しかしこの日の海風は暴風に近く、蓮の花達が強風に乱舞する姿を心ゆくまで堪能できた。蓮のシーズンは一般的に8月中旬頃までと言われている。今からでも遅くない、この美しい花を眺めに三溪園を訪れてみては如何だろう?

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @Takako Sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.