中華街の関帝廟 1

横浜中華街にあるのは中華料理だけじゃない!

Larry Knipfing   によって

レストランや訪問客がひしめき、人々の嬌声でごった返す横浜中華街。その中に2つ、寺院 ( 霊廟 ) が静かに佇んでいることを、あなたはご存知だろうか? 関帝廟の祭神は、中国の歴史小説「三国志演義」で有名な関羽だ。この眩いばかりに装飾された美しい寺院入口の柱には、「三国志演義」の登場人物たちが彫刻されている。それを見て私は飛び上がるほど嬉しくなった。関帝廟は1862年の創設だが、度重なる地震や火災により、何度も再建を余儀なくされた。この寺は、横浜の巨大中国人コミュニティにとって最も重要な、精神的、文化的、社会的柱石だ。
 
- 中華街の関帝廟 1
- 中華街の関帝廟 2
- 関帝廟 ( ビデオ )
- 中華街の媽祖廟 - まそびょう - 1
- 中華街の媽祖廟 - まそびょう - 2

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing