極楽寺駅前の写真家軍団

江ノ電沿線に群がる謎の写真家たち

Takako Sakamoto   によって

今年の2月下旬、私は鎌倉の江ノ電「極楽寺駅」前にある極楽寺で写真を撮っていた。すると何やら背後で物音がする。カメラのシャッターを忙しく切る音だ。振り向くとどこからともなくやって来た写真家達が大勢群れを成している。江ノ電の鉄柵に文字通り「貼り付いて」いるのだ。その時たまたま極楽寺の中に入ろうか否か迷っていた私は即決した。お寺に参拝するよりこの写真家軍団の動静を見極める方がよほど面白い! どうやらこの軍団、トンネルから出てくる電車を待っているようだった。道路に座り込む者もいれば、何やら駅員と談判している者もいる。実際彼等が何を撮りたかったのか未だ不明だが、彼等が熱血写真家軍団であったことは間違いない!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto