横浜みなとみらい21

夜と昼、2つの顔

Josef Diermair   2013/10/27によって

写真家の私は常々、絶妙の光加減とコントラストを求めているわけだが、この光とコントラストが豊富に見つかるのがみなとみらいだ。90年代初頭のバブル時代に開発が始まった人工島であるみなとみらいは、バブル以降もその開発の手を止めることはなかった。主要な呼び物の一つ、ランドマークタワーは日本一高いビルだ。この場所で私を魅了して止まないのが、昼と夜で全く違うその表情だ。昼間これらのビルは何やら古びて見えるか、もしくは未だ開発途上に見える。しかし夜になると一変し、まるで魔法にかかったように素敵な夜景へとその姿を変貌させるのだ。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @Takako Sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Original by Josef Diermair