鎌倉 アマルフィ・デラ・セーラ

七里ケ浜の絶景リストランテ

Tomoko Kamishima   によって

つづら折りの急な崖を上り切ると、突然、目の前に素敵なピッツェリアが現れる。案内板に沿って進みつつも、こんなところに、本当にレストランがあるのだろうかと、多くの人がいぶかしむようだ。だがこの行列を見れば、なるほどこれが例のリストランテかと納得するだろう。この人気の秘密、アマルフィ・デラ・セーラの看板メニューは、何と言っても、薄くてカリッカリのピッツァだ。青い空と湘南の海を見ながらいただく、この贅沢!ここでこの味を口にしたら、あなたはもう、アマルフィ・デラ・セーラの虜になる。

運が良ければ(なるべく開店前に来たほうがいい)どこでも好きなテーブルを選ぶことができる。テラス席の海側最前列は、ちょっと陽射しがきついけれど、ビューは最高。一列下がると日陰に入るけれどもビューが劣る。そこでお勧めは、右端の角席だ。江ノ島も、海も、富士山も、崖に張りつく家々も一望できる。その上、パラソルがあるので陽射しもやわらかい。ここでのんびりとランチタイムを楽しもう。一時間かけておいしいランチに舌鼓を打ちながら、この景色、このすばらしい景色を心ゆくまで堪能していただきたい。

ランチタイムは午前11時から午後3時まで。ランチセットは2種類。前菜、パスタまたはピッツァ、サラダ、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶で1890円から2630円。もちろんアラカルトも充実している。前菜やサラダは12-13種類ある。ピッツァは、定番ものの他に、しらすや長ネギを使ったオリジナルものがあり、1500円から2000円くらい。ショートパスタやリゾット類は1700円から1900円くらいである。

では、ランチメニューの一部をご紹介しよう。まず、前菜はマグロと鮮魚のカルパッチョが一押しだ。三崎港で水揚げされたマグロと、その日仕入れた魚で作るカルパッチョは、鮮度抜群。デラセーラ風サラダは、ガーリックの利いたシーザーサラダ。これが何とも食欲を刺激する。ピッツァ・マルゲリータとピッツァ・フォルマッジョは、王道を行くような正統派の味。ピッツァ・ジェノベーゼのトッピングは、マッシュルーム、松の実、そしてたっぷりのモッツァレラチーズ。美味しくて、どんどん手が出てしまう。ビールをグラスで注文すると、イタリアのビールが出てくる。日本のビールに慣れているアメリカ人の夫は、一口飲んで、「何か足りない・・・」とつぶやきつつも、二口目にはすっかり慣れてしまったようだ。結局、オーダーした2種類のデザートとともに、ぐびぐびとビールを飲み干していた。ゴーダーチーズとクッキーのジェラート、濃厚なプリン・クレマカスタラーナは、どちらも口あたりよく、程よい甘さ。

残念ながらアマルフィでは、予約は受け付けていない。したがって、満席の場合は、店の前のウェイティング・エリアで順番待ちをしなければならない。だが、ボードに名前と人数を書き込んだら、風にそよぐ木々の間から、海を眺めて待つのも気持ちがいい。なお、平日のランチなら、ほとんど待つことはない。

アマルフィの美味しいピッツァでお腹を満たし、美しい湘南の海に心を満たす、心身ともに充足した一日はいかが?鎌倉・江ノ島エリアにお出かけするなら、一度は行ってみたいレストランだ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する