鎌倉 長谷寺の境内一巡り

かわいいお地蔵さん、小さな洞窟、由比ケ浜の眺望

Tomoko Kamishima   2014/12/20によって

東京から横須賀線にゆられて1時間、北鎌倉にさしかかるころには、車窓からの景色は一変し、辺りが濃い緑につつまれます。JR鎌倉駅で江ノ電に乗り換え、緩やかな坂道をのぼって左手に入ると、長谷寺の赤い提灯が見えます。

長谷寺は、由比ケ浜を見下ろす高台にあって、風光明媚なお寺として知られています。本尊は、大和長谷寺の観音様と同じ霊木から彫られたと伝えられる、十一面観音像です。

ところで、このお寺は、季節の花や紅葉が美しいばかりでなく、境内はアミューズメント施設のように楽しい工夫がなされています。例えば、順路に沿って歩いていくと、新旧さまざまなお地蔵さんや大黒様が祀られていたり、小さな洞窟があったり、眺望のよい散策路を登ったりするという、景観の変化があるのです。また、見晴し台のすぐ奥には海光庵という茶店があります。お抹茶やお団子のほか、軽い食事をとることもできます。

Was this article helpful?

修正依頼

0
1
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @Tomoko Kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Original by Tomoko Kamishima

会話に参加する