越前の紫式部公園

源氏物語作者ゆかりの公園で紅葉を満喫しよう!

Takako Sakamoto   によって

福井県越前市にある紫式部公園は、源氏物語の作者にちなんで造られた公園だ。平安時代、紫式部は越前国守だった父と共に、この地に1.5年の間滞在した。この庭園は寝殿造り様式を再現した日本で唯一の庭園で、地元の人々にはよく知られた存在だが、11月下旬の三連休、紅葉シーズンの最盛期だというのに、私が訪れた時訪問客はほんの数人しかいなかった。福井では珍しくないことだが、この美しい公園をたった一人で独占することも不可能ではない。入場料は無料、絶対必見の紅葉スポットだ!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
2
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto