越前海岸の玉川洞窟観音

龍にまたがり宙を舞う観音像を目撃した第14代仲哀天皇

Takako Sakamoto   2014/12/17によって

この10月中旬、越前海岸を訪れた際、海岸に面した山の麓に面白い洞窟を見つけた。玉川洞窟観音と呼ばれるこの洞窟内には、西国三十三所観音巡礼の各寺から集められた33体の観音像が安置されていた。洞窟といっても実際はトンネルで、そのトンネル内の両側にずらりと観音像が並んでいるのだ。伝承によればこの神社は紀元2世紀前後、第14代仲哀天皇により建立されたそうだ。なんでも仲哀天皇がこの洞窟を通り過ぎようとした際、暗雲俄かに立ち籠め、海が荒れ狂った。そこへ龍にまたがった観音様が海中より現れ、荒れ狂う海を鎮めたとか。なんとも奇想天外な!

越前海岸シリーズ
1. 早秋の越前海岸
2. 越前海岸の恵比寿宮
3. 越前海岸の玉川洞窟観音
4. 越前海岸の呼鳥門と鳥糞岩
5. 越前海岸の水仙廼社
6. 越前岬展望台

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
4
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto