花月楼の面影

日本三大遊郭と云われた当時の不夜城を偲ぶ

Masayoshi Hirose   2015/03/08によって

 江戸時代、江戸の吉原、京都の島原と共に天下の三大遊郭と謳われた長崎丸山。中でも丸山は鎖国期において唯一外国人を相手とする遊郭だった。

そして今回、丸山町にある史跡料亭”花月”を訪れる事が出来た!ここ花月は遊女屋引田屋本家の建物と庭を受け継ぎ、昭和35年に長崎県史跡の指定を受け、全国でも珍しい史跡料亭として営業を続けている。文人墨客や幕末維新の志士達、異国の名だたる客人達と同じ空間で当時を偲びながら”しっぽく料理”を食す事が出来るのだ。

ながさき丸山 史跡料亭”花月”

  1. 花月楼の面影
  2. 贅沢な時間
  3. 其扇の間
  4. 花月山水庭園
Masayoshi Hiroseさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー