神ノ島教会

キリシタンの島と岬の聖母

Masayoshi Hirose   2015/01/11によって

2014年12月27日、神ノ島と呼ばれる地に建てられた白亜の教会堂を訪れた。

神ノ島は戦後に埋められて陸続きになっているが、以前は船で渡らなくてはいけない島だったらしい。不便ゆえ、かなりの隠れキリシタンが禁教令の下、潜伏していたが、長崎で初めて一般の領民であるキリシタンの殉教事件が起こる。無残にも正面に見える高鉾島から殉教者の遺体が投げ落とされたのだ。岬の聖母像が、船の安全だけでは無く、殉教者の霊を鎮めているようにも見え、余計白く輝いて見えた。

Masayoshi Hiroseさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー