さぬき屋島のうどん本陣山田家

香川県のソウルフード”さぬきうどん”の名店

Masayoshi Hirose   によって

早い、旨い、安いでお馴染みのさぬきうどん。透明感があって、ツヤがある。コシの強さで噛むごとに心地いい弾力が返って来る。それでいて喉越しがいい。温かいのも冷たいのも、年中手軽に食せる香川県のソウルフード、セルフのお店はかなりの数にのぼる。今回はセルフのお店ではないが、源平合戦の古戦場址近く、屋島にある「うどん本陣山田家」さんにお邪魔した。

最近でこそ当たり前のようにツユをうどんにぶっかけて頂くが、あの”ぶっかけうどん”はここ「うどん本陣山田家」が発祥の店らしい。その広い駐車場に車を停めて歩くと直ぐに驚く!いつも見慣れたイメージのうどん屋の店構えではない。それもそのはず、ここは江戸末期の銘酒「源氏正宗」の酒造家。その広大 (約800坪) な敷地に建てられた元大庄屋の屋敷を改装したのだ。席数も300席以上はある。最近の讃岐うどんブームで人気店に客が集まり、順番待ちの長蛇の列を眼にするが、ここにはそんな光景は見られない。とても要領よくスタッフの方が席に誘導する (ただ、庭園前の座敷などを希望すると多少待たされるかもしれない)。有文指定の庭園を眺めながら優雅に食すさぬきうどん。セルフ店に比べると少し割高感はあるが、時にはこんな贅沢な讃岐うどんも味わってみたくなる。ちなみに「うどん本陣 山田家」には東京スカイツリータウン・ソラマチ店があるので、関東方面の方はそちらで味わって頂けるのではないだろうか!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @masayoshi.hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Ehime. About ten years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は愛媛県在住  約10年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。