霧島神宮

霧島のシンボル

Senén Germade   によって

霧島市内からさほど遠くない場所に、霧島神宮はある。当初この神社は、日本の古代神、火瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を祀り、6世紀半ば高千穂峰山頂に建てられたが、その後火山噴火により焼失した。現在の霧島神宮は1715年、薩摩藩島津氏21代当主、島津吉貴(しまづよしたか)の手により再建された。この伝統的で美しい神社を是非訪ねてほしいと思う。周囲には散策できる森があり、癒しの散歩を楽しめる。ここから眺める桜島や鹿児島湾は息を呑むほどの絶景だ。さあ、ぐずぐずせずに行ってみよう!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Senén Germade