伏見稲荷大社 朝と夜

朱の鳥居、一万基をくぐってお山巡り

Tomoko Kamishima   2015/07/20によって

一万基ともいわれる朱の鳥居が、隙間なく参道を埋める伏見稲荷大社。京都東山36峰の最南端の嶺に、1300年間、人々の憶いを受け止めてきた社があります。鳥居の外に広がる森の緑は深く濃く、石畳が続く鳥居の内の世界は、非現実的な祈りの空間です。

夏の日、私は不思議な空気につつまれた鳥居のトンネルを歩き、約2時間のお山巡りをしました。参道に奉納された鳥居は、夏の午にはやさしく陽光を遮り、朝晩は朱を橙に染めあげて美しく輝いていました。

Was this article helpful?

修正依頼

0
1
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @Tomoko Kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Original by Tomoko Kamishima

会話に参加する

Akira Tsutsumi 1年前
ここは日本人にとっても特別な場所ですね。
ただ、夏場に登って行くにはきついです。