高台寺 秋のライトアップ

京都有名寺院の幻想的な夜間イリュミネーション

Hannah Sy   によって

京都東部、東山に位置する高台寺 ( 正式寺号: 高台寿聖禅寺 ) は1605年、豊臣秀吉の正室北の政所が、故太閤の菩提を弔うために建立した寺だ。1789年以降数々の火災に見舞われたが、幸い霊屋 ( おたまや )、開山堂、観月台、傘亭、時雨亭は焼失を免れ、今日まで美しい姿を保っている。これら建築物は全て国の重要文化財に指定されている。

毎年春、夏、秋の3シーズン、高台寺では庭園をライトアップし、夜21時30分まで特別拝観を行っている。11月初旬、秋の到来と共に庭園の緑の木々は黄色や赤、オレンジ色へと姿を変える。拝観料は600円だ。

詳細情報

高台寺についてもっと調べる

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
2
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Hannah Sy