唐津くんち 宵ヤマ

名物祭りの夜の部

Ekaterina Bespyatova   2018/10/29によって

唐津くんちは、11月初めに唐津市内で開催される祭りで、大勢の見物客が訪れる。様々な生きものや物、キャラクターなどの形をした、色とりどりの巨大な曳山で有名で、元気な地元住民たちが街中を曳いて回る。この祭りは3日間にわたり、最も人気がある行事(中心街にある浜辺、西の浜での御旅所神幸など)が日中に行われる一方で、夜の巡行では色とりどりとなった同じ曳山が同じ道を曳き回されるのだが、その姿は提灯で飾られ、さらに幻想的な光景となる。

音楽や喝采は鳴り止むことを知らないが、辺りが暗くなると、祭りが間近に感じられまた違った雰囲気となる。曳山が狭い道々をねじり込むように通り、街角で急カーブを切って曲がるさまを観るのは楽しい。前もって巡行マップをチェックして、曳山の曲がり角となる狙いのスポットを見つけておこう。すべての見どころを間近で見ることができる。

行き方

巡行は唐津駅から徒歩圏内で行われる。公式の巡行地図をチェックするか、現地で人込みについて行くのもいいだろう。

Ekaterina Bespyatovaさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー
Miyuki Teramachiさんによって翻訳されました