玄三庵・西梅田店

ヘルシーおかずの野菜食堂

Etsy Dah   2012/08/17によって

大阪西梅田、ヒルトンホテル側の第一ビル1階にある「玄三庵・西梅田店」は、「ヘルシーな料理をおいしく」というオーナーのコンセプトをそのまま実現したレストラン。同店が掲げる「野菜食堂」の名の通り、ランチからディナー、デザートまで、野菜中心に、安全な素材をバラエティー豊かなメニューで提供している。ランチ時はオフィスで働くOLさんを中心に大人気。店の前に入店待ちリストが出ることもある。

ランチメニューでひときわ目を引くのは、39品目以上の素材を使った「39品目の健康定食」である。同メニューは、日替わりで大皿のおかずに小皿3品、玄米ご飯と麦味噌のお味噌汁、食前フレッシュ野菜ジュースと、デザートの豆乳プリンという豪華な定食。ご飯とお味噌汁はお変わり自由で、895円ととてもリーズナブルだ。

定食を注文すると、食事の前にデミグラスに入ったフレッシュ野菜ジュースが運ばれる。小松菜やレタス、日によってはセロリが入ることもあるそうだ。りんごジュースときな粉が青臭さを一掃。とても飲みやすくしてくれている。ジュースが空腹を程よく落ち着かせてくれたところで、大皿のおかずをメインにした定食が運ばれてくる。この日のおかずは和風マーボー豆腐ナス、小皿はかぼちゃのスチームサラダ、切り干し大根ときのこの煮物、きゅうり・トマト・わかめの酢の物だった。大阪で豆腐作り40年の「大谷豆腐店」が丸大豆100%にこだわった豆腐を使用。まろやかな味わいが薬味のシソと程よくマッチする。ナスや小松菜、にんじんなどの野菜に旨みをプラスするのは地鶏のミンチ。同店では、餌に一切食品添加物を使用しないで育った「能登地鶏」を使っている。小皿3品は酢の物・煮物・サラダと、味にバラエティーを持たせてあきさせない。当日のメニューには、夏野菜のサラダとなっていたが、品切れのため、急遽かぼちゃに変更したらしい。これも日替わり定食らしいサプライズだ。そして、このおかずたちを引き立てているのが玄米ご飯。かめばかむほど味が深まっていく。このオーナーこだわりの玄米は滋賀県無農薬栽培米「コシヒカリ」。圧力釜でたかれたご飯はつやつや、もちもち。少し効かせたご飯はそれだけ食べても絶品である。シメはまろやか豆乳プリンで、なんと全部で約600カロリー。ボリュームともに大満足だった。

他には、この日は売り切れていた野菜の玄米カレー。これも人気メニューの1品。ディナーには「野菜を味わうディナーコース」や、栄養士がメニュー考案に加わった「栄養士の晩御飯」などがある。日替わりメニューなど、詳しい情報は同店のホームページ(http://www.genmian.lunch-box.jp/menunisi.html#nishid)を確認しよう。毎日食べてもおいしい・ヘルシー・太らない。梅田辺りでお腹がすいたらふらっと立ち寄る定番レストランになりそうだ。

Etsy Dahさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する