第70回正倉院展

8世紀の珍重な宝物の数々奈良で展示

Oct 27
Nov 12
場所: Nara National Museum 日付: Oct 27th - Nov 12th 2018 ,  9:00am - 6:00pm

奈良国立博物館にて第70回正倉院展が開催される。10月27日(土曜)から11月12日(月曜)までの期間中、正倉院に保存されている宝物の数々を一般公開する。これまで一度も展示されたことのない10点を含め、56点の芸術品が展示される。これらは主に、8世紀に首都だった奈良(平城京)周辺で栄えた貴族社会や仏教文化に関連する宝物。同展は読売新聞社の協力のもと、奈良国立博物館が主催する。今年の展示は、同展の第70回目を記念する催しとなる。

正倉院は世界遺産に登録されている宝物殿で、かつては東大寺が所有するものだったが、現在は宮内庁の管轄となっている。東大寺の大仏を建立した聖武天皇(701年~756年)が使用した物や美術品を含め、約9,000点が細心の注意のもと収蔵されている。平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)は貝殻や宝石で飾られた鏡で、聖武天皇が愛でた一品であり、同展期間中展示される予定だ。同じく今年展示される玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)は、べっ甲や様々な貝殻類で飾りつけられた煌びやかな箱。どちらの品も、当時の芸術的技能レベルの高さを表す貴重な宝物だ。

玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)
玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)

当博物館は、会期中は無休。開館時間は午前9時から午後6時まで、金曜・土日祝は午後8時まで。入館は閉館時間30分前まで。同展覧会の入場料は、当日一般1,100円、高校生・大学生700円、小中学生400円(前売券はそれぞれ100円引き)。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
JapanTravel Featured

ジャパントラベルのスポンサー

Advertising feature

会話に参加する