定義如来西方寺

冬と早春に見る永遠の美

Radica Sooknarine   によって

日本の素晴らしいところは、どこを訪ねたとしても、季節が変われば再びまた行ってみる価値があることだ。シーズン毎に、その姿はガラリと様変わりし、また違った何かを発見できるからだ。私が最初定義如来西方寺 (じょうぎにょらいさいほうじ) を訪れたのは、地面は雪にすっぽり覆われ、葉の散り落ちた木々が裸の姿を見せる冬場だった。その寒々した光景に忘れがたき印象を受けた私は、早春に是非もう一度来てみようと思った。そして春の初めの定義さん では、雪が融け、木々や花々が静かに息づき始めていた。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
1
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Radica Sooknarine