宮崎

ヤシの木と希少な地頭鶏(じとっこ)

宮崎について

みどころ

食のおすすめ

茶館Rumarni(ルマーニ)

茶館Rumarni(ルマーニ)

私の好きな本の中に、「一流の男、二流の男」という本があります。その本の中に記述されている一流の男性像を思い描いて、「今日、何を改善すればより良くなるのか」と毎日考えます。 その本の中では、ビジネスシーンでの対人関係についても書かれています。例えばあなたが、大切な得意先との大きな商談をどこかの喫茶店で行っている場面を想像してみて下さい。 二流の男性は、場所にはたいしてこだわらないので、得意先との商談をあろうことかファミレスのドリンクバーで済ましてしまうかもしれません。一方、一流の男性は..

宿のおすすめ

白鳥温泉: 上湯

白鳥温泉: 上湯

白鳥温泉。温泉名の由来でもある白鳥山の北側に位置するこの温泉には、単純な呼び名だが上湯・下湯と呼ばれる 2 つの温泉がある。上湯と下湯は互いに数キロ離れており、高度も違う。この温泉は国道 30 号線上に位置し、エコミュージアムセンターや池巡り自然探勝路、韓国岳に登るハイキングコースのあるえびの高原キャンプ場 地区と、えびの市の間に挟まっている。この記事では上湯をご紹介する。気持ちの良い温泉があるだけでなく、ここには宿泊施設、レストラン、ギフトショップもある。公園内にはいくつかレストランがあるが、..

えびの高原キャンプ場

えびの高原キャンプ場

霧島の豊かな自然を探索するのに最高の拠点となる場所がある。「えびの高原キャンプ場」だ。この広大で魅力的なキャンプ場は日本赤松を、まるで海の絨毯のように敷き詰めた山々の上に広がっている。国立公園なので低料金、とはいえ設備は万全だ。宿泊はキャンプ用テント使用、もしくはウッドキャビン滞在のいずれかで、日帰りの場合ピクニックエリア使用を選ぶことも出来る。 えびの高原のこの美しいエリアは、標高約1,200メートル(3,937フィート)で、7月の平均気温は24度(華氏73度)、下界では灼熱地獄と化す九州の夏..

最新記事

不動池

不動池

3つの火口湖を 巡るハイキングコース 内で、最も小さいこの不動池を取り巻く風景は、他の場所とは異なりバラエティに富んでいる。日本アカマツの生い茂る森林と、秋のすすきに覆われた広大な草原の中にある不動池は、落葉樹林に包まれた 六観音御池 や山の斜面に位置する 白紫池 とは好対照を成している。 湖岸近くには国道1号線が走っており、3つの中で一番アクセスの良い池だ。狭いが無料の駐車場もある。ここからはハイキングコース出発点の「えびのエコミュージアムセンター」(キャンプ場近く) まで少し歩けば戻れる。ま..

六観音御池

六観音御池

池巡り自然探勝路 の 白紫池 を越えると、次は六観音御池だ。この美しいコバルトブルーの火口湖沿いを進む途上、神社を通り過ぎる。ここには巨大な杉の木と古びた深紅の鳥居、そして祠がある。また韓国岳や湖の絶景も望める。標識によれば10世紀末、ここで修業していた僧侶、性空上人が、幻に現れた老翁に出会い六観音 (池の名の由来) を安置したそうだ。神社から先のコースは、鳥のさえずりがこだまする池沿いの林を抜け、草原と森林の入り交じった風景の中を進みながら、不動池 へと続く。 六観音御池—Roku..

白紫池 びゃくしいけ

白紫池 びゃくしいけ

霧島錦江湾国立公園の ハイキングコース は、えびの高原エコミュージアムセンターから始まる。まずは水深の浅い、丸い形の白紫池を巡る。ハイキングのこの部分では、鹿や鳥たちの住む山腹の森林を抜けて行く。咲き誇る季節の花々や茂み、草原や透明な青い池、周辺火山の絶景を愛でながら歩く。時計回りにぐるりと周回するこのコースは、旅の次のステージ、六観音御池 へと続く。 白紫池—byakushi-ike—Byakushi Pond

閉じる

About miyazaki

沖縄 長崎 福岡 佐賀 熊本 鹿児島 宮崎 大分 愛媛 高知 徳島 香川 山口 広島 岡山 鳥取 島根 兵庫 京都 大阪 和歌山 奈良 滋賀 三重 福井 石川 富山 岐阜 愛知 長野 静岡 新潟 山梨 神奈川 東京 埼玉 群馬 栃木 千葉 茨城 福島 宮城 山形 岩手 秋田 青森 北海道
閉じる