不動池

初秋に歩く「えびの高原池巡り自然探勝路」

Tristan Scholze   によって

3つの火口湖を 巡るハイキングコース 内で、最も小さいこの不動池を取り巻く風景は、他の場所とは異なりバラエティに富んでいる。日本アカマツの生い茂る森林と、秋のすすきに覆われた広大な草原の中にある不動池は、落葉樹林に包まれた 六観音御池 や山の斜面に位置する 白紫池 とは好対照を成している。

湖岸近くには国道1号線が走っており、3つの中で一番アクセスの良い池だ。狭いが無料の駐車場もある。ここからはハイキングコース出発点の「えびのエコミュージアムセンター」(キャンプ場近く) まで少し歩けば戻れる。また道路を渡れば岩山の硫黄山にも行け、すすき野を越えてコースを更に進み、韓国岳やその先の他の山々にも到達できる。

不動池—Fudo Pond
えびの高原池巡り自然探勝路—Ebino Plateau Ikemeguri Nature Trail

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze