凪と波濤

秋の能登半島は二つの表情を見せてくれた

Masayoshi Hirose   2014/12/16によって

2011年10月末、富山県氷見市の雨晴海岸へ海霧の撮影に出掛けた。

日本海側は相対的に秋から春にかけて極端に天候が不安定になる。ところがこの日、珍しく全国的に晴れ渡る日が巡って来たのだ。早速会社へは有給を取得し、前日の夜半に自宅を発った。結果、海霧は決して満足出来るものでは無かったが、それでも朝陽の光景は素晴らしいものだった。海霧は次回またこの海岸で再挑戦する事にして、長く日本海に突き出た能登半島を一周し、風光明媚な景色を満足行くまで楽しんだ。

Masayoshi Hiroseさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー