夢ケ崎

灯台のある海岸を散策しよう

Tristan Scholze   によって

角島 (つのしま) 灯台 の近くに、まるで探検してほしいとせがむかのように、岩多く平坦で、ゆるやかに海に溶け込む岬がある。耳を澄ませ、香りを追い、頬に潮風を受けよう。時間をかけてゆっくりと、二つの世界を隔てるこの空間を観察するのだ。夢崎波の公園から海岸沿いに北へ向かえば灯台に着く。その横には、海を見つめるように佇む小さな鳥居があり、背の低い古びた納屋が岩や茂みに半ば隠れるように建っている。もっと行くと の北海岸が見えてくる。浅瀬の海岸沿いは生命に満ち溢れ、キャンプ場 の小さな「教会」や 岩だらけの岸壁 も海の向こうに見える。そして小さな鳥たちは、灯台と岬の間に横たわる高台の草原を楽しげに飛び交っている。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze