牧崎風の公園

玄武岩の海岸線、そして草花萌える道

Tristan Scholze   によって

日本海に面をもたげるように突き出したこの小さな島の岬では、興味深く珍しい生態系を手軽に楽しむことができる。道路の突き当りにある無料駐車場からまっすぐ小道を行けば、太古の昔には牧草地だったであろう場所に辿り着く。ここでは見渡す限りの緑が広がり、海岸に迫るにつれ、草木の丈は短くなっていく。海風にさらされたこの付近一帯の波打ち際は火成岩に覆われている。一木の木もなく、小さな草が鬱蒼と生える茂みと逞しい花だけが、この厳しい自然環境の中生き延びている。とりわけ冬には、そよ風が「波の花」、いや「花咲く波」となり、深海の深みから角島へと美を運んでくる。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze