角島灯台

歴史に灯される海岸

Tristan Scholze   によって

角島(つのしま) の名物の一つは、1876年リチャード・ヘンリー・ブラントンにより設計された灯台だ。明治政府のお雇い外国人だったスコットランド人ブラントンは、7年半の間に日本で建てられた26の西洋式灯台の工事を監督した。現在も使用されているこの灯台は、一般にも公開されている(9~16時、入場料大人150円、子供20円)。すぐ近くには数件のレストランが建つ有料駐車場があり、夢崎波(ゆめさきなみ)の公園夢ケ崎もある。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
1
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tristan Scholze