倉敷市

Judith Mikami   によって

倉敷市は岡山県の心臓と言える町で50万人近くの人々が住むこの町は昼夜問わず訪れる人を楽しませてくれるでしょう。何をするにも全てがそこに有ります。美観地区を散策し、戦争を生き残った歴史的建造物、お店、人々と触れ合ううちに江戸時代にいるかのような錯覚を起こしつつ、角を曲がると近代的なショッピングモールがあるという不思議な感覚を体験できます。

電車にのって児島へ、そこからジーンズバスに乗れば、ジーンズのメッカらしく数々のジーンズ専門店が並ぶジーンズストリートを訪問できます。デニム生地で出来た着物まであるというから、そのバリエーションには驚かされます。

児島の隣にあるのが水島で、日本の大手企業の工場等が多く存在しています。代表的な企業として三菱自動車、三菱化学、JFE等が挙げられます。

高梁川を超えるとそこには玉島があり、岡山のマスカットやフルーツ、野菜栽培で有名な船穂町もあります。

歴史的な地域が数多く存在する反面、すぐ近くに工業地帯と異質な空間に感じるかもしれませんが、日本を旅していると見えて来るのですが、いかに市がこの相反する地域の調和を考慮しているのかが良く分かります。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Junichi Okazaki

Junichi Okazaki @junichi.okazaki

Judith Mikami

会話に参加する