倉敷 美観地区

美しい古都に息づく17世紀の伝統的建造物群

Ben Beechey   2014/02/05によって

岡山県西部に位置する古い歴史ある街、倉敷市、その中に美観地区はある。かつて倉敷は豪族や大名同士の争いが絶えぬ地だったが、江戸時代には河川港として栄え、積荷格納用倉庫として作られたのがこの独特の白壁と黒瓦を持つ建物群だ。美観地区にはこれら17世紀に建てられた木造の倉庫群が、鯉泳ぎしだれ柳たゆたう美しい運河沿いに立ち並んでいる。地域住民たちは、この伝統的江戸時代の街並みを維持するため尽力している。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Ben Beechey