宮島 五百体の羅漢像

大聖院の五百羅漢庭園

Tomoko Kamishima   によって

かつて厳島神社を管理していた大聖院には、十一面観音や金色の弥勒菩薩像など、たくさんの仏像が安置されています。しかしその中で、最もユニークで親しみのある像は、御成門を入ってすぐ左手にある五百羅漢庭園の羅漢像たちでしょう。五百羅漢は、釈迦から直接教えを受けた500人の弟子たちで、転じて尊敬や布施を受けるにふさわしい出家者のことを指します。秋、紅葉の絨毯に座り、色とりどりの葉を頭や肩に乗せた姿は、どこか愛らしくて、私は一瞬にして心を惹き付けられました。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する